読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT練習ノート

IT関連で調べたこと(実際は嵌ったこと)を書いています。

ファイル読み込みでのモナドを使っている感じ

do記法でのファイル読み込み

import System.IO

printFile :: String -> IO()
printFile path = do
   handle <- openFile path ReadMode
   contents <- hGetContents handle
   putStrLn contents 
   hClose handle

型を確認する。

> :t openFile
openFile :: FilePath -> IOMode -> IO Handle

> :t hGetContents
hGetContents :: Handle -> IO String

> :t putStrLn
putStrLn :: String -> IO ()

IOを揃える。

openFile     :: FilePath -> IOMode -> IO Handle
hGetContents ::                          Handle -> IO String
putStrLn     ::                                       String -> IO ()

上下に重なった部分は IO a -> (IO -> m b)の構造を持っていることがわかる。IOがベースとなって、Handle,String,()と変化していくことがわかる。

実行結果 (クローズは端折った)

> openFile "test.txt" ReadMode >>= hGetContents >>= putStrLn
foo
bar