読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT練習ノート

IT関連で調べたこと(実際は嵌ったこと)を書いています。

ServantのCSVファイルダウンロードのサンプル

Servant CSV download sample $ curl -i http://127.0.0.1:8081/csv/UNdata_Export_pork HTTP/1.1 200 OK Transfer-Encoding: chunked Date: Mon, 20 Jun 2016 16:12:16 GMT Server: Warp/3.2.9 Content-Type: application/csv "Country or Area","Year","Un…

HaskellのCSV読み込み

利用ライブラリ Text.CSV インポート Prelude> import Text.CSV 1行読み込み Prelude Text.CSV> parseCSVTest "aaa,bbb" [["aaa","bbb"]] Prelude Text.CSV> parseCSVTest "aaa,bbb,ccc" [["aaa","bbb","ccc"]] トリムはしない Prelude Text.CSV> parseCSVTe…

HaskellでYamlの任意項目の取り扱い

Applicativeスタイルで.*?で任意項目、.!=でデフォルト値を設定します。` parseJSON (Object m) = AppConfig <$> m .:? "port" .!= 8081 -- default a sample of reading a yaml file by Haskell

ServantのFileUploadサンプル

package servant-multipart: multipart/form-data (e.g file upload) support for servant $ cabal install servant-multipart Resolving dependencies... Notice: installing into a sandbox located at foo/.cabal-sandbox Downloading http-client-0.5.6.…

ghciのプロンプトをいい感じにする方法

いつも忘れるので備忘 coderwall.com >:set prompt "\ESC[34mλ> \ESC[m" λ> aa <interactive>:28:1: error: Variable not in scope: aa λ> :set prompt "\ESC[1;34m%s\n\ESC[0;34mλ> \ESC[m" *Main Control.Monad.Morph Control.Monad.Trans Control.Monad.Trans.Maybe Co</interactive>…

tidalをreplから使う

1: SuperColliderを起動する。 2: SuperDirtを起動する。 SuperDirt.start; 3: ghciを起動、ライブラリの取り込み $ cabal repl GHCi, version 8.0.1: http://www.haskell.org/ghc/ :? for help Prelude> import Sound.Tidal.Context -- インポート 4: repl…

(solved) The pkg-config package 'libpcre' is required but it could not be found.

pkg-confgとして認識されているか確認する。 $ pkg-config --libs libpcre Package libpcre was not found in the pkg-config search path. Perhaps you should add the directory containing `libpcre.pc' to the PKG_CONFIG_PATH environment variable No …

最小のServantのサンプル(3)

A simple servant sample of error

最小のServantのサンプル(2)

A simple servant sample of Capture

最小のServantのサンプル

simple servant sample $ curl http://127.0.0.1:8081/myapi [{"name":"abc","id":1}]

HaskellでMySQLにアクセス

サンドボックスの作成 (root)foo:mysqlsample foo$ cabal sandbox init Writing a default package environment file to /Users/foo/work03/haskelldatabase/mysqlsample/cabal.sandbox.config Creating a new sandbox at /Users/foo/work03/haskelldatabase…

Mac, Haskell, OpenGLでサンプルを動かすまで(2017/02時点)

github.com このサンプルを動かそうとしたのですが、かなりハマったので、忘れないうちにメモを取ります。サンプルそのものの問題ではないです。 基本的な考え方 利用環境のOpenGLのバージョンを確認する。 support.apple.com GLSLのバージョンを確認する。 …

GLFWでwindowを表示するのサンプル

GLFWでwindowを表示するのサンプル(意外にも、単純なサンプルが検索しても見つけられなかった) the smallest GLFW sample

HaskellでOpenGLのサンプルを動かす

どうもGLUTは描画がメインで、GUIの操作はうまくできないらしく、GUI操作までやりたい場合はGLFWを使うようです(この点は理解があやふや)。ともかく動いたのでメモ。 サンプル ライブラリ OpenGLのライブラリ(Macではデフォルトで入っている??) GLFW - A…

明示的に型を指定するVisible Type Application

GHC 8.0からVisible Type Applicationが導入されました。 TypeApplication – GHC 今までは::で型を明示的に指定していました。 Prelude> Prelude> let x = return 1 Prelude> :t x x :: (Num a, Monad m) => m a Prelude> let x = return 1 :: Maybe Int Pre…

IntとIntegerの違い

IntとIntegerとの違い インスタンスの確認 Prelude > :i Int data Int = GHC.Types.I# GHC.Prim.Int# -- Defined in ‘GHC.Types’ instance Bounded Int -- Defined in ‘GHC.Enum’ instance Enum Int -- Defined in ‘GHC.Enum’ instance Eq Int -- Defined in…

Servantのexampleのcabalファイルを作成する

下記にあるexampleのgreet.hs用のcabalファイルを作ります。 github.com cabal initにて対話形式で必要な項目を入力していきます。 foo$ cabal init Package name? [default: servant02] greet Package version? [default: 0.1.0.0] Please choose a license…

Servantのログ出力

@lotz さんの下記の記事があります。手元で動かそうとしたところ(2017/01/15時点)、記事が書かれた頃とライブラリのバージョンが変わっているため、そのままでは動作しませんでした。そこで、修正部分をメモしました。 qiita.com 修正のポイントは以下の2点…

Control.Monad.Logger

Log出力したいだけなのにさっぱりわからず。下記は動作するけどコーディングの考え方が間違っているはず。LoggingTはMonadXXXXのインスタンスになっているのに、なんでliftが必要なのかも謎。Haskellの独学は厳しい。。。。 Control.Monad.Logger Monad Logg…

Poserset by filterM

stackoverflow.com Deducing code from types:&nbsp;filterMbyorgey.wordpress.com Powerset by filterM

Monadic parsing in Haskell

Monadic parsing in Haskell Monadic parsing_in_Haskell

all sorts of permutations (insertion sort)

all sorts of permutations (insertion sort)

HaskellのMonoidの情報

Monoid全般 Monoid応用 FizzBuzz itchyny.hatenablog.com Diagrams Diagrams - Diagrams Quick Start Tutorial Finger tree

map, map, liftM

> :t map map :: (a -> b) -> [a] -> [b] > :t fmap fmap :: Functor f => (a -> b) -> f a -> f b > :t liftM liftM :: Monad m => (a1 -> r) -> m a1 -> m r > :t (<*>) . pure (<*>) . pure :: Applicative f => (a -> b) -> f a -> f b > map (+1) [1,2,…

waiでのrequestの処理

waiでrequestの基本的な使い方を確認するサンプル。 wai_hello.hs wai_index.html *Main> main start app function ==================================== requestMethod : GET secure : False rawPathInfo : /cgi.php rawQueryString : ?foo=1111 requestHe…

Monadのfail関数について思ったこと(2)

monadのfail関数の型は、fail :: Monad m => String -> m aとなっていて、それぞれのモナド毎に異なる挙動となる。 fail function of monad

3分でHaskellのWebアプリ

のサンプルを動かします。但し、待ち時間を除きます。 Beginning Haskell - A Project-Based Approach | Alejandro Serrano Mena | ApressのWebアプリの説明では、フレームワークとしてscottyを使っているので、導入してみました。 バージョンの確認 webapp …

Data types à la carte の写経

直和型を構成するところがわからなかったので写経してみました。 論文のコードと異なるところは Functorはderivingした 適宜showを実装した Exprにデストラクタoutを追加 Free Monadの構成のところで、Applicativeを追加した(ただし、Applicativeの実装はわ…

型だけでReaderモナドを理解しようと試みる

Reader Monad は 昔 Environment Monad と呼ばれていたそうです。 Control.Monad.Reader ということで(!?)、設定ファイルを使う体で例を作ってみました。 設定ファイルを使わないと、 doJob123' = \x -> doJob3' x $ doJob2' x $ doJob1' x () となります。…

JavaでReaderモナドを理解してみる

Readerモナドはdependency Injectionとして理解してみると良いかもしれません。 slides.com Java開発で言えば、Web開発でよくDependency Injectionがでてきます。例えば、フレームワークにSpringをつかうと、こんな感じでしょうか。 package hello; import o…

構造を保つ関数の比較

map > :t map map :: (a -> b) -> [a] -> [b] fmap > :t fmap fmap :: Functor f => (a -> b) -> f a -> f b traverse > :t traverse traverse :: (Traversable t, Applicative f) => (a -> f b) -> t a -> f (t b) mapM > :t mapM mapM :: (Traversable t, …

Beginning Haskell A Project-Based Approachはお勧め?

「すごいHaskellたのしく学ぼう!」https://www.amazon.co.jp/dp/B009RO80XY/と並行して、Beginning Haskell A Project-Based Approachを読んでみようかと思いました。 www.apress.com が、誤記が多いらしく、お勧めできないようです。

Type Classのメモ

Type Classは以下の4つの観点から理解するとよい。 観点 (1) インターフェースが定められている。 (2) 満たすべき法則(law)がある。 (3) 上記を満たすインスタンスがある(抽象化の逆の具体化されたもの)。 (4) インターフェース以外に便利な操作(Operation)…

monad transformers step by step

2016/11時点monad transformers step by stepをgoogleで検索すると、本家ではない情報が先に出てくるようです。 こちらが先に出てくるようですが、 https://page.mi.fu-berlin.de/scravy/realworldhaskell/materialien/monad-transformers-step-by-step.pdf …

The Extended Functor Family

www.youtube.com class position terminology intuition application Functor positive covariant full of a's applicative alternative Contravariant negative contravariant consuming a's divisible decidable discrimination Produnctor left negative …

foldlとfoldrの違い

foldl 手続き型言語のループの代わり foldr コンストラクタの置き換え foldr -- 型の確認 Prelude> :t foldr foldr :: Foldable t => (a -> b -> b) -> b -> t a -> b -- リストのコンストラクタを適用 Prelude> :t foldr (:) [] foldr (:) [] :: Foldable t…

inits, tails を紙で確認

inits tails

Constantのファンクタ則を例を使って確認

インポート *Main> import Data.Functor.Constant 型の確認 *Main Data.Functor.Constant> :t Constant Constant :: a -> Constant a b *Main Data.Functor.Constant> Constant 1 Constant 1 *Main Data.Functor.Constant> let x = Constant 1 *Main Data.Fu…

ファイル読み込みでのモナドを使っている感じ

do記法でのファイル読み込み import System.IO printFile :: String -> IO() printFile path = do handle <- openFile path ReadMode contents <- hGetContents handle putStrLn contents hClose handle 型を確認する。 > :t openFile openFile :: FilePath …

PipesでHelloWorld

PipesでHelloWorld Prelude Pipes P> runEffect $ (yield "Hello World" ) >-> P.stdoutLn Hello World Producerの型 Prelude Pipes P> :t (yield "Hello Wordl") (yield "Hello Wordl") :: Monad m => Proxy x' x () [Char] m () Consumerの型 Prelude Pipe…

Haskellでgithubに公開されているパッケージを取得してサンドボックスで実行するまで

ポーカーゲームを例にしてGithubからパッケージを取得して実行するまでの手順をまとめる。 github.com 作業ディレクトリを作る。 aaa:work03 foo$ mkdir poker aaa:work03 foo$ cd poker gitからパッケージを取得する。 aaa:poker foo$ git clone https://gi…

関数をn回適用する

foldr (.) id (replicate n f) を理解したい。 stackoverflow.com *Main> :t foldr (.) の型を考える。 *Main> :t foldr foldr :: (a -> b -> b) -> b -> [a] -> b 置き換えておく。 foldr :: (x -> y -> y) -> y -> [x] -> y *Main> :t (.) (.) :: (b -> c)…

const id

constとconst idの違い Prelude> const 'a' 1 'a' -- 第1引数を返す Prelude> (const id) 'a' 1 1 -- 第2引数を返す 型の確認 const idは第2引数を返すことがわかる。 Prelude> :t const id const id :: b -> a -> a 型の計算 Prelude> :t const const :: a …

fmap f = bind (return . f)

fmap f = bind (return . f)を確認する。 まず、定義の確認 fmap :: (a -> b) -> (W a -> W b) --- {*4} fmap f (W x) = W (f x) --- {*1} return :: a -> W a --- {*6} return x = W x --- {*3} bind :: (a -> W b) -> (W a -> W b) --- {*7} bind f (W x) …

HaskellのEitherとeither

Eitherという型がありますが、eitherという関数もあります。 Either型 Data.Either Prelude> :i Either data Either a b = Left a | Right b -- Defined in `Data.Either' instance (Eq a, Eq b) => Eq (Either a b) -- Defined in `Data.Either' instance M…

Haskellで例外処理の初歩

import System.Environment (getArgs) import Control.Exception (catch, SomeException) main :: IO () main = do args <- getArgs out <- catch (readFile $ head args ) (\_ -> return "error") print out test$ runghc test02.hs test02.hs1 test02.hs:1…

Haskellでコマンドライン実行で引数をとる

getArgsを使う import System.Environment (getArgs) main :: IO () main = do args <- getArgs print args test$ runghc test02.hs [] test$ runghc test02.hs a ["a"] test$ runghc test02.hs a b ["a","b"] test$ runghc test02.hs ab ["ab"] test$ rungh…

最大回避ヒープ

参考 FOP - 第1章 二分ヒープ木の楽しみ data (Ord a) => Tree a = Null | Fork Int a (Tree a) (Tree a)みたいにdata定義で型の制約が出来ないみたいですね。 data Tree a = Null | Fork Int a (Tree a) (Tree a) deriving (Show) isEmpty :: (Ord a) => T…

エラトステネスの篩

エラトステネスの篩を実装してみる。 まずは100までで試してみる。 余りがゼロの数を取り除く。 *Main> filter (\x -> mod x 2 /= 0)[2..100] [3,5,7,9,11,13,15,17,19,21,23,25,27,29,31,33,35,37,39,41,43,45,47,49,51,53,55,57,59,61,63,65,67,69,71,73,7…

HaskellでChurch Pairsの練習

Church Pairsとはウィキペディアを参照すると: Church encoding - Wikipedia, the free encyclopedia となっています。これをHaskellで書き下すと: Prelude> let pair = \x -> \y -> \z -> z x y これを、使ってみると: Prelude> pair 4 5 (+) 9 Prelude …