IT練習ノート

IT関連で調べたこと(実際は嵌ったこと)を書いています。

Haskell

ServantチュートリアルのBasic認証でIO

http://haskell-servant.readthedocs.io/en/stable/tutorial/Authentication.html チュートリアルだとユーザIDパスワードチェックのコードがハードコードされています。一見、どこでIOできるのかわからなかったので試してみました。 Servant Basic Auth by u…

ServantのルーティングでのIO

ServantでhandlerでのIOの取り回しのサンプルはWebに情報があるのですが、:>で記述していくルーティングでのIOの取り回しがわからず四苦八苦していました。 HasServerという型クラスでルーティングを記述していきますが、このクラス自体にIOが明示的にはない…

ghciの使い方

プロンプトを変える :set prompt "foo>" バンドされている情報を見る :show bindings foo>let x = 123 foo>let y = "abc" foo>:show bindings x :: Num t => t = _ y :: [Char] = _ foo> ロードされているモジュールを確認する :show module foo>:l MyWebApp…

ログのサンプル

a small sample (the smallest ?) of MonadLogger

Polynomialを整形して表示する

Math.PolynomialパッケージのPoly型のShowは内部構造をそのまま文字列表現するので、読みにくいときがあります。そこで、多項式を数式のように表示するサンプルを書いてみました。 polynomial: Polynomials

フェルマーの小定理のテスト

gist.github.com

TraversableからFoldableを求める

From Traversable to Foldable

DeriveFoldableの練習

FoldableであるにはFunctorであることが前提です。そのため、Derivingの対象となるのは、型の最後のパラメータになります。 a sample of deriving foldable

Record syntaxを使うときに設定しておくと便利な言語拡張

Record syntax を使うときに設定しておくと便利な言語拡張 DuplicateRecordFields フィールド名の重複を許す。ただし、曖昧になる場合はエラーになる。 Prelude> :set -XDuplicateRecordFields Prelude> data Foo = Foo {x :: Int} Prelude> data Bar = Bar …

cabalでのtest実行

ライブラリのテストを実行しようとしたらそのままではテストが実行できませんでした。 Servant-Serverをgit cloneして、cabal testしたら依存関係ライブラリがないと指摘されます。 (root)bar:servant-server foo$ cabal test Re-configuring with test suit…

Servant API の変遷

HasServerのroute関数の変遷 class HasServer layout where type ServerT layout (m :: * -> *) :: * route :: ********* version implementation 0.2.1–0.4.0 route :: Proxy layout -> Server layout -> RoutingApplication 0.5–0.6 route :: Proxy layout…

Haskellの名前空間をまとめる実装

下記のようなコードがありVertex3のドキュメントを確認しようとおもったのですが、上手くドキュメントが見つけられませんでした。 import Graphics.Rendering.OpenGL as GL GL.vertex $ (GL.Vertex3 (-1) (-1) 0 :: GL.Vertex3 GL.GLfloat) Graphics.Renderi…

OpenGL (GLFW-b)

下記のチュートリアルをGLFW-bに書き換える。 OpenGLTutorial1 - HaskellWiki Haskell OpenGL Tutorial Rewrite for GLFW-b

ServantのType Familiesの理解の準備

Sec 4.2 of Servant Paper

ServantのAPIからHandlerへの型の流れを確認する

Servantのチュートリアルでは、2.2.3でチートシートのように説明されています。 https://media.readthedocs.org/pdf/haskell-servant/v0.6/haskell-servant.pdf combinator handelrのパラメータ 補足 Capture “something” a a QueryParam “something” a Mayb…

Learn Physics の導入

Learn Physics learn-physics: Haskell code for learning physics stackでインストールしてみます。 bar:graphics foo$ stack new graphics-work01 Downloading template "new-template" to create project "graphics-work01" in graphics-work01/ ... The …

Servantでipadress取得のサンプル

Servant IP Address Sample

ServantのCSVファイルダウンロードのサンプル

Servant CSV download sample $ curl -i http://127.0.0.1:8081/csv/UNdata_Export_pork HTTP/1.1 200 OK Transfer-Encoding: chunked Date: Mon, 20 Jun 2016 16:12:16 GMT Server: Warp/3.2.9 Content-Type: application/csv "Country or Area","Year","Un…

HaskellのCSV読み込み

利用ライブラリ Text.CSV インポート Prelude> import Text.CSV 1行読み込み Prelude Text.CSV> parseCSVTest "aaa,bbb" [["aaa","bbb"]] Prelude Text.CSV> parseCSVTest "aaa,bbb,ccc" [["aaa","bbb","ccc"]] トリムはしない Prelude Text.CSV> parseCSVTe…

HaskellでYamlの任意項目の取り扱い

Applicativeスタイルで.*?で任意項目、.!=でデフォルト値を設定します。` parseJSON (Object m) = AppConfig <$> m .:? "port" .!= 8081 -- default a sample of reading a yaml file by Haskell

ServantのFileUploadサンプル

package servant-multipart: multipart/form-data (e.g file upload) support for servant $ cabal install servant-multipart Resolving dependencies... Notice: installing into a sandbox located at foo/.cabal-sandbox Downloading http-client-0.5.6.…

ghciのプロンプトをいい感じにする方法

いつも忘れるので備忘 coderwall.com >:set prompt "\ESC[34mλ> \ESC[m" λ> aa <interactive>:28:1: error: Variable not in scope: aa λ> :set prompt "\ESC[1;34m%s\n\ESC[0;34mλ> \ESC[m" *Main Control.Monad.Morph Control.Monad.Trans Control.Monad.Trans.Maybe Co</interactive>…

tidalをreplから使う

1: SuperColliderを起動する。 2: SuperDirtを起動する。 SuperDirt.start; 3: ghciを起動、ライブラリの取り込み $ cabal repl GHCi, version 8.0.1: http://www.haskell.org/ghc/ :? for help Prelude> import Sound.Tidal.Context -- インポート 4: repl…

(solved) The pkg-config package 'libpcre' is required but it could not be found.

pkg-confgとして認識されているか確認する。 $ pkg-config --libs libpcre Package libpcre was not found in the pkg-config search path. Perhaps you should add the directory containing `libpcre.pc' to the PKG_CONFIG_PATH environment variable No …

最小のServantのサンプル(3)

A simple servant sample of error

最小のServantのサンプル(2)

A simple servant sample of Capture

最小のServantのサンプル

simple servant sample $ curl http://127.0.0.1:8081/myapi [{"name":"abc","id":1}]

HaskellでMySQLにアクセス

サンドボックスの作成 (root)foo:mysqlsample foo$ cabal sandbox init Writing a default package environment file to /Users/foo/work03/haskelldatabase/mysqlsample/cabal.sandbox.config Creating a new sandbox at /Users/foo/work03/haskelldatabase…

Mac, Haskell, OpenGLでサンプルを動かすまで(2017/02時点)

github.com このサンプルを動かそうとしたのですが、かなりハマったので、忘れないうちにメモを取ります。サンプルそのものの問題ではないです。 基本的な考え方 利用環境のOpenGLのバージョンを確認する。 support.apple.com GLSLのバージョンを確認する。 …

GLFWでwindowを表示するのサンプル

GLFWでwindowを表示するのサンプル(意外にも、単純なサンプルが検索しても見つけられなかった) the smallest GLFW sample

HaskellでOpenGLのサンプルを動かす

どうもGLUTは描画がメインで、GUIの操作はうまくできないらしく、GUI操作までやりたい場合はGLFWを使うようです(この点は理解があやふや)。ともかく動いたのでメモ。 サンプル ライブラリ OpenGLのライブラリ(Macではデフォルトで入っている??) GLFW - A…

明示的に型を指定するVisible Type Application

GHC 8.0からVisible Type Applicationが導入されました。 TypeApplication – GHC 今までは::で型を明示的に指定していました。 Prelude> Prelude> let x = return 1 Prelude> :t x x :: (Num a, Monad m) => m a Prelude> let x = return 1 :: Maybe Int Pre…

IntとIntegerの違い

IntとIntegerとの違い インスタンスの確認 Prelude > :i Int data Int = GHC.Types.I# GHC.Prim.Int# -- Defined in ‘GHC.Types’ instance Bounded Int -- Defined in ‘GHC.Enum’ instance Enum Int -- Defined in ‘GHC.Enum’ instance Eq Int -- Defined in…

Servantのexampleのcabalファイルを作成する

下記にあるexampleのgreet.hs用のcabalファイルを作ります。 github.com cabal initにて対話形式で必要な項目を入力していきます。 foo$ cabal init Package name? [default: servant02] greet Package version? [default: 0.1.0.0] Please choose a license…

Servantのログ出力

@lotz さんの下記の記事があります。手元で動かそうとしたところ(2017/01/15時点)、記事が書かれた頃とライブラリのバージョンが変わっているため、そのままでは動作しませんでした。そこで、修正部分をメモしました。 qiita.com 修正のポイントは以下の2点…

Control.Monad.Logger

Log出力したいだけなのにさっぱりわからず。下記は動作するけどコーディングの考え方が間違っているはず。LoggingTはMonadXXXXのインスタンスになっているのに、なんでliftが必要なのかも謎。Haskellの独学は厳しい。。。。 Control.Monad.Logger Monad Logg…

Poserset by filterM

stackoverflow.com Deducing code from types:&nbsp;filterMbyorgey.wordpress.com Powerset by filterM

Monadic parsing in Haskell

Monadic parsing in Haskell Monadic parsing_in_Haskell

all sorts of permutations (insertion sort)

all sorts of permutations (insertion sort)

HaskellのMonoidの情報

Monoid全般 Monoid応用 FizzBuzz itchyny.hatenablog.com Diagrams Diagrams - Diagrams Quick Start Tutorial Finger tree

map, map, liftM

> :t map map :: (a -> b) -> [a] -> [b] > :t fmap fmap :: Functor f => (a -> b) -> f a -> f b > :t liftM liftM :: Monad m => (a1 -> r) -> m a1 -> m r > :t (<*>) . pure (<*>) . pure :: Applicative f => (a -> b) -> f a -> f b > map (+1) [1,2,…

waiでのrequestの処理

waiでrequestの基本的な使い方を確認するサンプル。 wai_hello.hs wai_index.html *Main> main start app function ==================================== requestMethod : GET secure : False rawPathInfo : /cgi.php rawQueryString : ?foo=1111 requestHe…

Monadのfail関数について思ったこと(2)

monadのfail関数の型は、fail :: Monad m => String -> m aとなっていて、それぞれのモナド毎に異なる挙動となる。 fail function of monad

3分でHaskellのWebアプリ

のサンプルを動かします。但し、待ち時間を除きます。 Beginning Haskell - A Project-Based Approach | Alejandro Serrano Mena | ApressのWebアプリの説明では、フレームワークとしてscottyを使っているので、導入してみました。 バージョンの確認 webapp …

Data types à la carte の写経

直和型を構成するところがわからなかったので写経してみました。 論文のコードと異なるところは Functorはderivingした 適宜showを実装した Exprにデストラクタoutを追加 Free Monadの構成のところで、Applicativeを追加した(ただし、Applicativeの実装はわ…

型だけでReaderモナドを理解しようと試みる

Reader Monad は 昔 Environment Monad と呼ばれていたそうです。 Control.Monad.Reader ということで(!?)、設定ファイルを使う体で例を作ってみました。 設定ファイルを使わないと、 doJob123' = \x -> doJob3' x $ doJob2' x $ doJob1' x () となります。…

JavaでReaderモナドを理解してみる

Readerモナドはdependency Injectionとして理解してみると良いかもしれません。 slides.com Java開発で言えば、Web開発でよくDependency Injectionがでてきます。例えば、フレームワークにSpringをつかうと、こんな感じでしょうか。 package hello; import o…

構造を保つ関数の比較

map > :t map map :: (a -> b) -> [a] -> [b] fmap > :t fmap fmap :: Functor f => (a -> b) -> f a -> f b traverse > :t traverse traverse :: (Traversable t, Applicative f) => (a -> f b) -> t a -> f (t b) mapM > :t mapM mapM :: (Traversable t, …

Beginning Haskell A Project-Based Approachはお勧め?

「すごいHaskellたのしく学ぼう!」https://www.amazon.co.jp/dp/B009RO80XY/と並行して、Beginning Haskell A Project-Based Approachを読んでみようかと思いました。 www.apress.com が、誤記が多いらしく、お勧めできないようです。

Type Classのメモ

Type Classは以下の4つの観点から理解するとよい。 観点 (1) インターフェースが定められている。 (2) 満たすべき法則(law)がある。 (3) 上記を満たすインスタンスがある(抽象化の逆の具体化されたもの)。 (4) インターフェース以外に便利な操作(Operation)…